無理なく継続させる方法

健康的に体重を減らしたいと筋トレを続けていても、すぐにはダイエット効果が出ずにモチベーションが続かなくなる人もいます。何もせずとも脂肪が消費される基礎代謝の高い体になるのに時間がかかるとは思えど、筋トレを続ける上では目に見える成果が欲しくなります。そんな時は、握力を測って筋力の付き方を実感してください。基礎代謝の上昇が形になって見えるには時間がかかりますが、握力は筋肉量の指針となりえます。人体の筋肉が増えれば握力も高くなりますので、筋トレの前後で握力を測って成果を実感してください。筋トレを毎日続けることで代謝が上がり脂肪が燃えやすい体になりますが、ある程度ならともかく、あまりにも時間がかかりすぎるようなら、筋トレをした後の行動が適切か見直してみてください。筋トレによって蓄積された疲労物質が体内に滞っている可能性がある。そうでなくとも、体が必要としている栄養素やカロリーが不十分なため、飢餓状態に陥った体が脂肪を溜め込みやすい状態になっていることもあります。筋トレの内容はダイエット向きの適切なものか、姿勢や呼吸は正しいか等をチェックしつつ、食事内容に改善余地はないかなどを考えてみてください。疲れが抜けていない時に無理矢理筋肉を動かしても、筋トレの効果は低いようです。入浴は筋トレ後のケアにお勧めです。温かい湯に浸かることで体温を高めて血流を向上させ、筋肉の凝りや疲れを取り除いてくれます。どのようなダイエットにも欠かせないことであるが、筋トレをダイエットに取り入れる際も、バランスが大事である。ダイエット効果を高めるため、筋トレのかたわら、栄養面や休養面をコントロールしていきましょう。

筋トレを進めるにあたって知っておきたいこと

脂肪燃焼に成功したあとは、脂肪をつきにくくするために、筋力トレーニングを進めていきましょう。筋力トレーニングを続けるためにも自分に合う自分なりのやり方で代謝の高い体質作りを目指して下さいね。

有酸素運動によって脂肪が燃焼されるように、筋力トレーニングだけで進めていく場合でも、同じようなことが可能になる方法があります。それは、糖分にあります。運動をする前に食事によって摂り入れた糖分が脂肪を分解し、筋肉が消費していくかたちです。

食べないで運動をすると、必要なアミノ酸が使われるため、筋肉の働きであるエネルギーの消費がされにくくなり、当然、脂肪も燃焼されにくくなります。ダイエットとは逆効果になってしまいます。ですから、食事をしてから運動をするようにしましょう。

ダイエットで取り入れる筋トレの最大の目的は、基礎代謝をアップさせることです。持久力を増すための体質作り、筋肉作りが、筋トレダイエットのコンセプトです。ダイエットに効果のある筋トレをするためには、目指す箇所の筋肉を着実に鍛えられるよう、無駄のないきれいな姿勢と安定した呼吸を心がけましょう。

筋トレの姿勢に無理が生じると息が詰まりまともに呼吸ができなくなります。そうすると体に余計な負担がかかってしまいます。筋トレといっても辛く苦しいものばかりではありません。姿勢と呼吸をきちんとすることで、楽しんで筋トレをすることが可能です。

筋力トレーニングによるダイエット

最近では、通販などでも紹介されているダンスや軍隊式の筋トレを使ったダイエットというものが増え、多くの人が実践しています。このような筋トレダイエット方法の実績は、様々なお声をいただいています。ですが、激しいダンスや軍隊式トレーニングは今まで使っていない筋肉を急に使うことになるので、体が筋トレについていかず、膝や腰の負荷に体か耐えきれなくなる人も存在します。

急な筋力トレーニングをする前に、身体に負担をかけないように歩くことから始め、軽いジョギングへと進めていきましょう。それだけでもコレステロール値などが改善されます。少しずつ〜肉体改造をしていけば、疲労で体調を崩してしまったり、ダイエットを断念してしまうことも少なくなるのではないでしょうか。

筋肉を鍛える筋力トレーニングは、ダイエットの成功とリバウンド防止のためにはどうしても取り入れたいものです。体内に取り入れた酸素で脂肪を燃やし、循環器系を鍛える運動がジョギングなどの有酸素運動です。筋トレは、脂肪がつきにくい体質を作るために、筋肉を増やし基礎代謝を高めてくれるものなので、ダイエットのために筋トレだけを行ったとしても、有酸素運動を取り入れなければ、エネルギーとして消費される脂肪分はさほど多くないようです。

ついてしまった脂肪を燃焼させるためには、様々な方法がありますよ。私が知るダイエットの一つに有酸素運動以外で、スープダイエットというものがあります。有酸素運動が嫌なら、それを取り入れるのもいいし、自分に合う方法で取り組んでみて下さい。ですが、先ほども言ったように身体がトレーニングに耐えれるよう準備はしておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。